保母 給料

保母さんはニーズが多い職業ですが・・給料・平均年収

国家資格を必要とする仕事は、医者や歯科医に代表されるように、収入が高い傾向がありますね。

 

しかし他の職業と比較してみると、国家資格の保有者なのに、保母さんの給料は決して高くありません。

 

日本の保母さんの平均年収は、ボーナスを含んだとしても300万円程度です。

 

また、地方の保育園に勤務すると、さらに収入は少なくなり、初任給が年収200万円程度なことも珍しくはありませんね。

 

 

 

保母さんは子供の面倒を見るだけではなくて、絵本の読み聞かせや箸の使い方など、児童の知育や社会生活を送る能力を育てたりします。

 

そのため非常に大事な職業なのですが、給料の面から見ると、あまり待遇は良くありません。

 

保育園があるので、子持ちの親が保育園に子供を預けることが可能になることで自分も働きに出ることができます。

 

保育園で子どもの世話を親の代わりに行う保母さんは、裏から大きく支えているお仕事なのですね。

 

子供は保育園に行くことで、他の児童と接する機会が増えたりしますし、コミュニケーション能力が上がったりするでしょう。

 

 

 

ですので、今の保母さんの給料が上がらなければ、保育園の職員数が減る可能性がありますね。

 

そうなると保育園で預けることができる子供の数が減りますし、待機児童が増える原因になります。

 

待機児童の数が増えると、親が働きに行くことができなくなったり、問題も増えるかもしれないです。

 

保母さんの給料が上がると、やる気が上がったり仕事のできる人が保育園に増えるので、結果的には良くなるのではないでしょうか。

 

親だけではなく通う子供のためにも、保母さんの給料が上がることは重要ですよね。