保母 仕事内容

保母さん・保育士の仕事内容とは、具体的に1日でやる事柄など

憧れの保母さんになりたい!だけど保母さんの仕事は子供と楽しく遊び、面倒を見ているだけではなく一日中いろいろな仕事があります。

 

保母さんとして働く前に、しっかり仕事内容を把握してからスタートしたいですね。

 

働く場所によって、勤務時間も一日の仕事の流れも変わってきます。

 

なので、これはあくまでも参考程度ですが、一日の流れとしては園児が登園してくる一時間ほど前に出勤し一日の準備を始めます。

 

登園時間になるとバスや校門でのお迎え、保護者からの連絡事項などを聞きます。

 

朝はとにかくバタバタしている中で、保護者の人からいろいろ話があったりするので、必ずメモをとるなり、お手紙をもらったらなくさないようにするなどして管理しましょう。

 

けっこう登園の時に、いつもはお迎えだけどバスにしてくださいとか、今日は預かり保育にしてください、体調が悪いので・・・などなど言われたりしますので、間違っては大変です。

 

その後朝の会があって、午前中の予定に入ります。

 

昼食はお弁当のところもあれば給食のところもあるので、合わせた準備をします。

 

その後に午後の予定となりますが、保育園の場合、昼食の後、お昼寝の時間があるところもありますね。

 

午後の予定が終わり、子供たちが帰ったら今度は自分の仕事をこなします。

 

こういった一日の中で、保母さんとしての仕事内容は子供たちの指導はもちろんですが、身の回りのお世話、遊び、子供たちの様子をチェックし保護者に伝える、教室の片付け、いろいろな作品作り、イベントの準備など・・・次から次へといろいろな仕事があります。

 

保母さんを始めたばかりの頃は、体力的にも精神的にもきつくて大変な事も多いと思います。

 

とはいっても、卒園していく姿やどんどん成長していく姿を見ると保母さんのやりがいを感じるそうですね。

 

保育士求人を紹介してもらえる人気サービス